ニュージーランド政府のマレー・マカリー外務大臣は9月9日、同日の北朝鮮による核実験は国際社会に対する危険な侮辱行為であり、地域の安全保障に対する深刻な脅威であると述べた。

「今回の核実験は複数の弾道ミサイルの発射の直後に実施され、非常に挑発的であり深く憂慮すべきものである。北朝鮮による核実験は今回で5回目であり、北朝鮮に対し核実験の中止を求めてきた国連安全保障理事会を完全に無視するものである」とマカリー大臣は述べた。

マカリー外務大臣の声明全文(英文)/ニュージーランド政府の公式サイトから


Tags: