ニュージーランド政府のゲリー・ブラウンリー外務大臣は9月3日、同日の北朝鮮による核実験を「実に嘆かわしい」として非難する声明を発表した。

6回目となる北朝鮮の核実験についてブラウンリー大臣は「北朝鮮は国連安保理決議が定める責務と、核実験に対する国際社会の規範を完全に無視する姿勢を再び示した。今日の実験は国際社会全体に対する非常に危険な侮辱である」と述べた。またブラウンリー大臣は、ニュージーランドは国際社会と共に対応を検討するとし「(北朝鮮を)交渉の場に復帰させるために必要な措置を、この地域での平和を望む全ての当時者が慎重に検討することが重要となる」と述べた。

ブラウンリー大臣の声明全文(9月3日付・ニュージーランド政府公式サイトから/英文) (external link)


Tags: