ニュージーランドで起業する

Business.newzealand.com (external link)は、ニュージーランド貿易経済促進庁のホームページです。ニュージーランドでの投資や起業に関心を寄せる投資家や経営者のための情報が豊富に掲載されています。ニュージーランド経済と貿易産業の概観、企業の問合先や製品とサービス、投資機会、国際展示会等へのニュージーランドの出展情報などが得られます。

ニュージーランド政府のホームページBusiness.govt.nz (external link)には、ビジネスの立ち上げから経営、さらなる事業展開を支援する資料やツール、情報が集められています。このホームページは、ニュージーランド経済開発省が運営しています。同省は、ニュージーランドが世界の中で最もビジネスがしやすい国の一つであり続けるように取り組んでいます。

ビジネスと貿易

日本とニュージーランドの貿易

日本はニュージーランドにとってオーストラリア、米国に次ぐ第三位の貿易相手国で、2006年の輸出額は35億7000万ニュージーランドドルに達しています。高品質の石炭、アルミニウム、農業産品の供給国として、ニュージーランドは日本にとって資源供給のため戦略的にも重要な国となっています。

ニュージーランドが第一次産品を日本へ輸出し、日本からは自動車、機械、光学機器、エレクトロニクスなどの製造品をニュージーランドに輸出するというかたちで、良好な貿易関係を長年築いてきました。

ニュージーランドの対日主要輸出品は、アルミニウム、木製品、魚介類、乳製品、野菜、果物などです。最近の傾向では、教育サービス、カスタムメイドのソフトウエア開発、あらゆる種類の工業製品など伝統的な輸出品目以外の分野の輸出に著しい成長がみられます。

人口4百万人強のニュージーランド国内はとても大きな市場とはいえず、多くのニュージーランド企業は海外との取り引きによって事業を成長させています。ニュージーランドの輸出企業は規模の大小にかかわらず、輸出相手国の市場の需要にあわせようと努力し、またあわせる能力を持っています。

ニュージーランド貿易経済促進庁(当大使館商務部)は多くの企業の輸出事業を支援しています。 ニュージーランド貿易経済促進庁のホームページでは、ニュージーランド企業との貿易機会、貿易関連データへのリンクなどさまざまな情報を提供しています。