ニュージーランド政府のマレー・マカリー外務大臣は9月6日、前日の北朝鮮による複数回のミサイル発射を、非難する声明を発表した。

「国連安全保障理事会は北朝鮮に対し、弾道ミサイルを発射しないよう繰り返し求めてきた。昨日の発射や北朝鮮が今年実施した他の実験は、アジア太平洋地域の安全保障に対する深刻な脅威である」とマカリー大臣は述べた。

マカリー外務大臣の声明全文(英文)/ニュージーランド政府の公式サイトから (external link)


Tags: